これはドリコム Advent Calendar 2016 25日目、最終日です!

はじめまして、ドリコムでデザイナーをやっておりますsamacoです。
イラスト周りの業務を主にしております。

デザイナーという仕事に就いて、デザインの元は日常のどこかに転がっているなと感じる毎日です。
日常からアンテナをはって、小さなアイディアを無意識で集めていくことは、デザイナーにとって非常に大事だなーと思います。
アイディアを集めると披露したくなりますから、「描きたい、作りたい」という気持ちが自然に芽生えるので、ものづくりの原動力とも言えるかなと。

今日は自分が過去に描いた作品を元に、キャラクターデザインを考えるときに、自分がどんなことをきっかけにしたり、着想を得たりしているかのお話をゆるーくしていきたいと思っています。
人によって全然違うかと思いますが、一例として楽しんでいただければ幸いです。

アイディアのきっかけ

突然ですが、朝ごはんってきちんと食べたいのですが、なかなか時間がとれず雑になりがちなことないでしょうか。
私はごはんが好きですが、朝ごはんに関してはだいたい睡魔に負ける系の人間です。
そんなわけで休日に惰眠を貪り、昼に近い時間に冷蔵庫を開けて目に付いたヨーグルトを食べながら、なんとなく朝ごはんの画像を調べてみました。
おいしそうな画像がいっぱい出てくるわけです。

しばらくはなんとなく見ているのですが、だんだんと「これ、服の◯◯の部分に使ったらかわいいな、面白いな」と思い始めます。

↓例えばオムライスの上のケチャップが、コルセットのヒモに見えてきたり。

↓キャベツの重なりが、ボリュームのあるスカートに見えてきたり。

↓ベーコンエッグが、帽子と髪の毛に見えてきたり。

こういったアイディアが複数重なってくると、絵に起こしたくなってきます。
実際に食べているのはヨーグルト1カップなわけですが、食べなくとも描くことで満たされるわけです。
なんともリーズナブルな生き物です。
というわけで、朝ごはんの洋食をキャラクターにしてみます。

アイディアを作品に落とし込む 〜洋食ちゃん編〜

まずはデザインの元になるラフを描き起こします。

☆洋食ちゃんラフ1

このような感じになりました。

ホテルの洋食の朝ごはんなどを思い出すと、色とりどりで華やかなところが魅力だなと思ったので、それを意識していたら明るい色合いになりました。
なのでキャラクターの女の子も、明るく無邪気な印象のポーズや表情を選んでいます。
当初は猫っぽい子も描いていたのですね、悲しいことに後ほど消えます(笑)

上にボリュームがいったので、脚はシンプルなニーハイにしました。
コップに野菜ジュースが注がれたような印象にしたかったというのも狙いです。

なんとなくのデザインを決めたら、そのデザインを有効的に魅せる且つキャラクター性をよりよく現せる構図を考えます。

☆洋食ちゃん

ラフ2

1枚絵としてよりも、デザインがより分かりやすいものを今回は優先させました。

デザインを魅せるために正面。
スカートの中のキャベツの描写を見せるために、少し煽り気味に。
脚は大好きなので、個人的にもとても楽しい構図です。
動きのある絵が好きなので、ちょっとそういう要素も入れています。

構図も無事に決まったので、ここからは一気に仕上げて行きます。

☆洋食ちゃん線画

ひたすらなぞります。1番好きな工程です。

☆洋食ちゃん着彩

ひたすら塗ります。鮮やかさを大事にしていたので、最後にちょこっと調整します。

これで朝ごはんの洋食ちゃんの完成です。

入れたかったアイディアを入れ、狙った印象の鮮やかさというところも、ちょっと大げさではありますができたかなと思ってます。

どうでしょう。
オムライスの上のケチャップが、コルセットのヒモに見えてきたり。

キャベツの重なりが、ボリュームのあるスカートに見えてきたり。

ベーコンエッグが、帽子と髪の毛に見えますでしょうか。

アイディアを作品に落とし込む 〜和食ちゃん編〜

同じような工程で、洋食ちゃんと対の和食ちゃんも描いております。

☆和食ちゃん着彩

こちらは意図せず結構エキゾチックな色使いになりました。和食が元なので、色も自然とそちらに寄ったのかと思います。面白いですね。
こちらは意識していなかったので、途中気付いてから狙いました。

この子に関しては

・焼き鮭をインパクト強く、思いっきり使いたい。

・魚には酢橘も欠かせない。

・生姜の紫のグラデーションを使いたい。

・飾りのお花(たんぽぽ)もスカートとかで入れたい。

・袖の膨らみにイチジクを使いたい。

などのアイディアを入れて描いてます。イチジクはよく祖父の家で摘んで食べていたので、そういったちょっと個人的な思い出も入っています。

対に並べるとこんな感じで、これで完成です。

アイディア集めのススメ

さて、ここではじめの話に戻りますが、絵を描く時のアイディアは、本当に日常的なところに転がっています。
今回の自分の例ですと、

・◯◯が××に見えた
 例:ケチャップがヒモに見えた

・◯◯の配色を使いたい
 例:生姜の紫のグラデーションを使いたい

この2つが非常に多かったです。
仕事のキャラクターデザインでも、こういった小さなアイディアをパーツパーツで持っておいて、合わせていくという考え方が自分は多いように思います。
連想ゲームのような考え方に近いかもしれません。

お仕事でデザインするときは必ず要件がありますので、その要件から連想できる「モチーフ」「言葉」そういったものをひたすら並べて、デザインに落とし込めそうなアイディアを探して作っていくので、やはり同じような工程です。

そうなると、常日頃からそういった小さなアイディアを1つでも多く集めておくことが本当に大切です。
いつでも引き出せるように色々溜め込んで、いざ描く時にたくさん引き出せるようにしておくことが、デザインする上で非常に大事だと特に最近強く思います。
自分は忙しさにかまけて家に引きこもりがちなのですが、外へ行って色々見てインプットし、楽しくアイディアをアウトプットしていくということをもっと自然と出来ていくようになりたいなと思います。

そんなわけで、まずはインプットしに行きましょう。
せっかくのクリスマスですしね!

About the Author

鈴木 那津子

samaco

デザイナー

入社3年目のデザイナー。イラスト周りの仕事が主。
油画・美術解剖学などを勉強してこちらの世界へ。
三度の飯とイラストが好き。