こんにちは。ドリコムの大原(@ohrdev)です。

2019年1月26日に開催された、YAPC::Tokyo 2019で、ドリコムはシルバースポンサーとして参加し、ブース展示を行いました。

YAPCとは

YAPCはYet Another Perl Conferenceの略で、Perlを軸としたITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。 Perlだけにとどまらない技術者たちが、好きな技術の話をし交流するカンファレンスで、技術者であれば誰でも楽しめるお祭りです!

今回のYAPC::Tokyoは「恩に感謝し報いる」ことを意味する、「報恩謝徳」をテーマに掲げて開催します。 Perlをはじめ様々な技術を使って、捗ったこと、世の中に影響を与えられたこと、今に繋がっていること、そして、これからどんなことをしていきたいのか、 そんな話をしましょう!ぜひ、皆さま楽しみに来てください!

YAPC::Tokyo 2019公式サイトより引用

YAPCはPerlを主軸にしてはいますが、ITに関わる全ての人のためのカンファレンスです。
セッションの内容もOSS活動や、チーミング、Perlと他言語との比較など多岐に渡った内容でした。

なぜスポンサーをするのか

我々は様々な技術やツール、ライブラリを利用して、サービスを開発しています。
今回のYAPC::Tokyoのテーマにもある「報恩謝徳」の通り、普段使わせてもらっている様々な技術やそのコミュニティに対して、ドリコムは何かしらの形で恩を返したい(様々な形で貢献・還元したい)と考えています。今回も少しでもコミュニティの発展に寄与できればと考え協賛をしました。

もちろん、一方通行な技術の利用や協賛・支援ではなく、OSSへの支援によって成長したコミュニティの成果を企業として利用させてもらう、コミュニティの成果で得られたビジネスの成果をコミュニティにさらに還元する、といったサイクルを回すことでお互いに成長していければと考えています。

今後も引き続き、様々なOSSコミュニティに対して企業として支援できればと思います。

おまけ

YAPC::Tokyoに参加・ブースに来ていただいた方向けに、エンジニア総選挙と題してLT大会を開催予定です。
詳細はこちらからご覧ください。

おまけ2

ドリコムは一緒に働く仲間を募集しています。
興味があるかたはこちらからご応募ください。

About the Author

おーはら

サーバーサイドエンジニア

2011年ドリコムに入社、enza事業本部 プラットフォーム開発部 部長。
仏像制作とプラットフォーム周りのシステムのお世話をしています。