“ クライアント技術 ”

これは ドリコム Advent Calendar 2019の7日目です。

6日目はてらこさんによる、ゲーム企画メンはプラットフォーム企画メンに転生できるのか です。

はじめに

ゲーム事業本部開発部のondaです。普段の業務はゲームアプリの運用開発を行っています。
アプリもリリースしてからしばらく経つと、いろいろ作業的に無駄に見えるところや、リリース時に手が回らなくて暫定対処のまま来てしまったところを改善したいなーとか思うところが出てきます。
今回はそういった中から、わざわざ人手を使ってしたくない作業を効率化しようというお話です。 続きを読む
はじめまして、ドリコムサマーインターン2019に参加したy-shikaです!

ARマップ生成ライブラリ「AROW」開発チームで2週間Unityエンジニアとして、就業した話をインターン選考プロセスなんかも交えながら話していきたいと思います!



続きを読む
こんにちは。2週間、インターンとしてゲーム開発現場のクライアントサイドに参加させてもらった伊藤圭佑です。

私はこれまで文化祭のゲーム制作や個人オンラインゲームの運営開発などを行ってきましたが、何十人という人が協力して 1つの大きなゲームを作るといった経験はありませんでした。

そんな中、今回はゲーム開発の現場に入り、どんなことをして何を感じたかをお伝えできればと思います。 続きを読む

はじめに

Hi! じぬです。
2019年度も半分が過ぎました。この記事では弊社の AROW というプロジェクトがリリース以降どんな取り組みをしてきたかまとめてみたいと思います。
続きを読む

これはドリコム Advent Calendar 2018の20日目です。
19日目は Junnichi Kitta さんによる、 ScrumMaster奮闘記 です。

はじめに

ゲームデベロップメント統括部でクライアントエンジニアをしている中西です。
ドリコム入社3年目、2018年春頃まで、cocos2d-xを用いたネイティブゲームアプリ開発をしておりました。

現在は、Unityを用いて3Dのネイティブゲームアプリの開発をしています。
学生時代にUnityでゲーム製作をしたことはありましたが、業務として携わるのは初めてのことで、混乱も少なくありませんでした。

今回は、そんな私が知識も技術もまだまだな中で、負荷検証を任され、プロの3Dアーティストの方々と、技術的な会話ができるようになるまでの話を書こうと思います。

続きを読む